データ復旧の実績豊富なデータ復旧専門会社データ復元センター仙台!!  ハードディスク/RAID/HDDレコーダ等対応

データ復旧のアドワースワークスデータ復元センター

東北最大のネットワーク

問合せ電話番号

営業時間

データ復元同意書ダウンロード

【データ復元成功実績】バッファロー(BUFFALO) BUFFALO LS420D0602C (Seagate ST3000DM001×2)

2019/03/08

■お客様
国立大学 様

 

■障害メディア

筐体メーカー:バッファロー(BUFFALO)
筐体型番:LS420D0602C

 

HDDメーカー:シーゲイト(Seagate)
HDD型番:ST3000DM001
■障害内容

 

以前不具合が発生したまま放置していた。電源入るが、アクセス出来ない。

 

■診断結果
→リード不能、データ記録面障害、RAID情報破損、データ領域不正、ファイルシステム破損

 

診断の結果、データ復元可能と判定されました。
LinkStationを構成する2台のHDDのうち、
HDD#01が内部物理障害によるリード不能があり、
HDD#02はデータ記録面に読込不能箇所が発生しておりました。
LinkStaiton全体としては、RAID情報破損によるデータ領域の不正およびファイルシステム障害を併発しておりました。
これらを障害の原因と判断し、
HDD#02のRAID情報を再構成したデータ領域の解析を実施しました。

 

解析の結果、約398GBのデータを確認いたしました。
確認したデータはtrashbox(ゴミ箱)フォルダ以外はサンプリング(無作為)によるオープンチェックでは破損データを検出しておりませんので、
整合性は高い状況であると判断いたしました。

Copyright ADD WORTH WORKS corporation. All Rights Reserved.