データ復旧の実績豊富なデータ復旧専門会社データ復元センター仙台!!  ハードディスク/RAID/HDDレコーダ等対応

データ復旧のアドワースワークスデータ復元センター

電話番号案内画像

データ復元依頼同意書へのリンク画像

データ復旧とは

パソコンやサーバーなどのハードディスクが「認識しない」「起動しない」「異音がする」や「データを誤って消してしまった」など様々な不具合、障害からデータ復元いたします。

たとえばこんな経験ありませんか?

○ 使用しているパソコンが起動しなくなった。
・ロゴ画面から先に進まない。ブルーバック画面が出てしまう。(Windows) ・?マークが点滅して起動しない。(Macintosh)

○ 操作ミスで重要なエクセル(.xls)のファイルを消してしまった。

○ 誤ってハードディスクをフォーマットしてしまった。

○ パーティション(区画)を開放してしまった。

○ ハードディスクをパソコンに接続してもBIOSで認識しなくなった。

○ ウィルスに感染してパソコンのデータが消えてしまった。

○ ハードディスクから「カシャン、カシャン」異音がする。または異臭がする。

○ 「このディスクはフォーマットされていません」とアクセスできなくなった。

○ デジタルカメラの画像が、メモリーカードから消えてしまった。

○ RAID 5構成のサーバーでハードディスクの内、1台が認識されなくなってしまった。

○ LAN(NAS)接続型のハードディスクがネットワーク上から消えてしまった。

対応プラットファーム・対応メディア

#

パソコンの普及に伴い、ひとり1台が当たり前の時代です。家庭では写真や音楽を編集し、長時間のテレビ番組を録画する。会社では文書や資料を作成し、データは各パソコンのハードディスクやファイルサーバーへ保存する。メールを送受信するにもメールサーバーが必要となり、普段何気なく使っているデータはほとんどがハードディスクに保存されています。容量は一昔前まではMB(メガバイト)の時代であり、やがてGB(ギガバイト)になった。これからはTB(テラバイト)が当たり前になり、大切なデータをより多く保管できるようになりました。しかし、扱いが簡単で容量が大きくなろうが低価格で購入できるようになってもハードディスクには寿命があり、壊れてしまう精密機械なのです。現在のところ壊れないハードディスクはこの世に存在しておりません。データ復元センターに一番多い問合せはハードディスク(HDD)からのデータ復元です。

■ デスクトップパソコン、ノートパソコン(Laptop PC)、ワークステーション

■ ハードディスク IDE1.8/IDE2.5/IDE3.5ハードディスク/1.8インチハードディスク/ATA/Ultra-ATAハードディスク/Serial ATA(SATA)ハードディスク/SCSI/Ultra-SCSIハードディスク/Ultra Wide SCSIハードディスク/SCAハードディスク

■ アップル(APPLE) Power Mac/iMac/Mac mini/Mac Pro/Inter Mac

■ 外付けハードディスク USB/IEEE1394/Firewire/SCSI/e-SATA

■ モバイルディスク(PCカード型ハードディスク)

■ マイクロドライブ

■ RAIDシステム ソフトウェア・ハードウェア方式/RAID0(ストライピング)/RAID1(ミラーリング)/RAID5/RAID0+1/RAID1+0/RAID6/RAID10

■ リンクステーション、テラステーション、LAN接続ハードディスク、NASサーバーLinkStation /TeraStation / LANDISK Tera /TERAGATE

■ ハードディスク(HDD)レコーダー

■ その他ハードディスク(HDD)が搭載されているもの

例えば・・・

・ハードディスクを初期化してしまった
・電源が入らない
・OS(Windows/Macintosh)が起動しない
・BIOSでハードディスクが認識(マウント)しない
・ハードディスクが通電・回転していない

・パーティションを開放してしまった
・ウィルスに感染した可能性がある
・アクセスランプが点灯しない
・ネットワークから見れなくなった
・ハードディスクから異音・異臭がする
・データを誤って削除してしまった
など

デジタルカメラ用ICカード

#

デジタルカメラの普及に伴い、写真はアナログからデジタルの時代へ。家族や友人との旅行、子供の入学式・運動会・七五三などの大切な記念日やイベント、大好きなペットの成長日記、数々のかけがえのない大切な1枚の写真。写真はその一瞬を一生の想い出として形にしてくれます。しかし・・・そんな大切な写真はデジタル時代ではフィルムではなくデータなのです。一生の想い出のデータは一瞬で消えてしまうんです。そう、データは消えてしまう。

SDカード/mini SDカード/Micro SDカード/コンパクトフラッシュ/xDピクチャーカード/マイクロドライブ/スマートメディア/メモリースティック/メモリースティックPro/マルチメディアカード

デジタルカメラ用ICカードのこんな経験・・・

・デジカメ上で全コマ消去した

・削除した

・ゴミ箱にいれてしまった

・フォーマットしてしまった 

・「フォーマットされてません」とエラーが出る

・デジカメ、パソコン、カードリーダーでも認識しない

・ファイルが開けない、文字化けしている

さらには、

・子供がイタズラして全コマ消去したあとに、写真を撮影してしまった

・バックアップを取ったつもりが取れておらず、メディアは消去している

・パソコンにデータ転送中にカードリーダーを抜いてしまったらデータが消えたなど、ふと気がついた時には一瞬にして大切な想い出がえて無くなってしまうんです。

USBフラッシュメモリー

#

データの保存だけではなく簡単に移動でき、セキュリティを掛け持ち運べる時代へ今では1GBのUSBフラッシュメモリーは当たり前。4GB、8GB、16GB・・・。小指サイズのストレージは大容量化が進み、また簡単にデータ移動できて、容量の大きいファイルも転送スピードの向上によりラクラク保存。さらにはセキュリティロックや暗号化処理も施せて、機密データの漏洩の心配もなし。しかし・・・いくら大容量のデータが移動・保存できても、転送スピードが速くなっても、セキュリティが掛けられてもUSBフラッシュメモリーは精密機械。寿命もあり劣化もする。持ち運べるってことは衝撃や落下もあり、静電気なども避けられません。そう、USBフラッシュメモリーは突然認識しなくなるのです。

全メーカー、全容量対応

USBフラッシュメモリーのこんな経験・・・

今では1GBのUSBフラッシュメモリーは当たり前。4GB、8GB、16GB・・・。
小指サイズのストレージは大容量化が進み、また簡単にデータ移動できて、容量の大きいファイルも転送スピードの向上によりラクラク保存。
さらにはセキュリティロックや暗号化処理も施せて、機密データの漏洩の心配もなし。
しかし・・・いくら大容量のデータが移動・保存できても、転送スピードが速くなっても、セキュリティが掛けられてもUSBフラッシュメモリーは精密機械。寿命もあり劣化もする。持ち運べるってことは衝撃や落下もあり、静電気なども避けられません。
そう、USBフラッシュメモリーは突然認識しなくなるのです。

MO,CD-R/W,DVD±R/RW,DVD-RAM,FDD(フロッピー)

#

読み出せなくなった(リードエラー)障害や表面はく離など様々な障害からデータ復元・復旧いたします。

MO,CD-R/W,DVD±R/RW,DVD-RAM,FDD(フロッピー)のこんな経験・・・

例えば
・「フォーマットされてません」とエラーが出る
・ある特定のデータが突然消えた
・ファイナライズに失敗してしまった
・読み込み中にメディアを抜いてしまい、別のメディアを入れたらデータが消えた
・クイックフォーマットしてしまった

Apple iPod(iPod/iPod nano/iPod shuffle),各種MP3プレーヤー、ICレコーダー

#

Apple iPod(iPod/iPod nano/iPod shuffle),各種MP3プレーヤー、ICレコーダー、パソコンのUSBポートに接続できるモデルは対応可能です。

Apple iPod(iPod/nano/ shuffle),各種MP3プレーヤー、ICレコーダーのこんな経験・・・

例えば
・音楽データが消えてしまった
・録音した会議データを消してしまった
・認識しなくなった

携帯電話

#

今の時代、誰しも携帯電話はかけがえのない大切な宝物のような存在。
どこかに忘れたり、失ってしまっては仕事や日常生活に支障が出てしまう位の重要なもの。
大切な人のアドレス帳(電話番号やメルアド)、メールの送受信データ、撮りためた写メのデータ、通話を録音したデータなどパソコンと同じ、もしくはそれ以上の価値のある大切なデータが携帯電話には保管されています。それは数件ではなく100~200件は当たり前、多い人では数千件近いデータになることでしょう。
しかし・・・
普段の何気ない生活で、携帯電話はよく落としたり、壊れてしまうもの。

au/NTT Docomo/vodafone/SoftBank/Willcom 各キャリアの水没・破壊された携帯電話、メールやアドレス帳、携帯で撮影した写メはかけがえのない大切なデータ

携帯電話のこんな経験・・・

例えば
・トイレやプールに水没してしまった
・海に落としてしまった
・ジュースなどの飲み物がかかった
・携帯電話を真っ二つに破壊してしまった

など、携帯電話はよく落としてしまいます。それが水没などの場合は大変です。
さらに真っ二つに破壊したものなどは壊滅的なダメージです。

しかし!あきらめないでください、
データは取り戻せます。

これら以外にも、普段使っている機器のデータに何らかの障害があった場合にそのデータを保存しているハードディスクやメモリーカードなどのメディアからお客様の大切なデータを取り戻すサービスを行っています。

※データ復元は、メディア媒体自体を修理・復活するサービスではございません。
あくまでデータを取り戻すこと(復元)を目的としています。

取り戻したいデータ(情報、資料、思い出)がある際には、お任せください。

Copyright ADD WORTH WORKS corporation. All Rights Reserved.