データ復旧の実績豊富なデータ復旧専門会社データ復元センター仙台!!  ハードディスク/RAID/HDDレコーダ等対応

データ復旧のアドワースワークスデータ復元センター

電話番号案内画像

データ復元依頼同意書へのリンク画像

【データ復元成功実績】BUFFALO(バッファロー) LS-WSX2.0TL/R1 (ST1000LM024)

2018/03/27

■お客様

官公庁 様

 
■障害メディア

筐体メーカー:BUFFALO(バッファロー)

筐体型番:LS-WSX2.0TL/R1

 

 

HDDメーカー:サムスン(Samsung)

HDD型番:ST1000LM024×2

 
■障害内容
ネットワークから共有フォルダが、急に見れなくなった。

 
■診断結果

→データ記録面障害、RAID情報破損、データ領域不正、ファイルシステム破損

 
診断の結果、データ復元可能と判定されました。
LinkStationを構成する2台のHDD共にデータ記録面に読込不能箇所が発生しており、
全体としてはRAID情報の破損による
データ領域の不正およびファイルシステム障害を併発しておりました。
各HDDを個別に解析取得したRAID情報を再構成したユーザデータ領域の更なる解析を実施いたしました。

解析の結果、HDD#02は2015年ごろに停止していたと推測され、
整合性の高いHDD#01から約17.9GBのデータを確認いたしました。

Copyright ADD WORTH WORKS corporation. All Rights Reserved.